自作パソコンでオリジナルにする~スペック拡大化計画~

女性

パーツを選ぶ

自作用のパーツの価格はピンキリなので自分の考えを優先する

PC

組もうと思えば3万円でパソコンを組み立てる事もできれば、その気になれば100万円を超すPCを組み立てることも出来るのが自作パソコンの世界です。このためパソコンを組み立てるために必要な各種CPUやメモリ、ハードディスクなどでもその選択によって価格は大きく変動します。 単にインターネットを楽しみたいだけならば、OS込みで5万円以下で簡単に組めますし、3Dゲームもサクサク動くような高性能なパソコンを求めるならば数十万円は当たり前となるのも自作パソコンの特徴です。 このように自作パソコンはパーツの価格がピンキリなため、自分の考えを優先して、何をパソコンの求めているかでパーツを選択することが重要となってきます。

自作パソコンが流行した歴史やその変遷

元々パソコンは高価な製品で、ミドルスペックのモデルですら30万円や40万円といった価格が当たり前の時代がありました。一方でこれらのパソコンは、パーツを自分で購入して組み立てることで、大幅に安くすることが可能でした。 しかしパソコン黎明期は自分で組み立てることが出来る人は少なく、そこで代わりにパソコンを組み立てる業者が存在していました。いわゆる自作パソコンの代行業者であり、この業者が現在のパソコンショップの礎となっている側面があります。このような時代が1980年から1990年代まで1つのブームとして続いていました。 2000年代に入ると、自作パソコンは一般化してより幅広い人が個人で行うようになり、現在のように個人で自作パソコンを組み立てるのが当たり前の時代へとなります。

自作パソコンで作業効率UP

PC

自作パソコンは簡単に作成することが可能となってきており、初心者の方でも簡単にパソコンを作成できるようになっています。また自作パソコンは自由にカスタマイズが可能なので、一人一人に最適なスペックのパソコンが作成できます。

電気代を安くする

PC

電子ブレーカーを使用する場合、設置されているブレーカーに合わせたものを使用する必要があります。また、設置することによって電気代を少しでも安くすることが出来るため便利といえるでしょう。

価格帯を把握する

PC

自作パソコンは安くも高くも自由煮作ることができます。高性能のパーツを利用すれば高くなりますが、それだけ普通のパソコンにはないスペックを求めることができるようになるのです。