招待客に喜んでもらう|お世話になった人に贈るお歳暮の選び方|便利なサービスを利用する

お世話になった人に贈るお歳暮の選び方|便利なサービスを利用する

プレゼント

招待客に喜んでもらう

ギフト

良い結婚式にしたいなら

結婚式に招待された客は、最低でも3万円程度のお祝い金を包むのが常識になっています。3万円の出費だけでもかなりキツイと感じる人が少なくありませんが、実際には式場までの交通費や衣装代、美容院代などもかかるため、皆結構大変な思いをしています。それでも、無事に良き日を迎えることができた新郎新婦を祝福したいという気持ちがあるからこそ、わざわざ時間を割いて来場してくれるわけです。ですので、これから結婚式を挙げる予定のカップルは、自分達が満足できるかどうかではなく、わざわざ式場まで足を運んでくださった招待客に喜んでいただけるような式を心がけることが大切です。出席してくださった方々が「良い結婚式だった」と満足して家路につけるような結婚式にすれば、新郎新婦にとっても思い出に残る良い結婚式になります。ただし、招待客に喜んでいただきたいのであれば、式場の雰囲気や料理の質、式の演出、引き出物の中身などに心を配らなくてはなりません。

余計な負担をかけない

いくら良い結婚式だったとしても、慣れない礼装で何時間も過ごすわけですから、披露宴が終わった頃には招待客もかなり疲れています。その状態で重たくてかさばる引き出物を渡されれば、ウンザリしてしまうのがある意味で当然のことです。昔は重たくてかさのある引き出物を贈らないと失礼にあたってしまうと考える傾向が強かったのですが、最近は帰り道で負担にならないような軽い引き出物がよく利用されています。一番高い人気を集めているのは、カタログギフトです。カタログギフトだけだと少々寂しい印象になってしまうため、お菓子や小物などと組み合わせて引き出物にするケースが多いです。もらっても使い道がないような置物や趣味に合わない食器を贈られるよりも、自分で好きな品物を選べるようになっていた方が、招待客も喜びます。また、重たい荷物をぶらさげて帰る必要がなくなるため、カタログギフトが引き出物の主流になりつつあります。